Print Page   |   Contact Us   |   Report Abuse   |   Sign In   |   Register
Voluntas Abstracts 2012 - Japanese
Share |
________________________________________________________________________


V O L U M E 23, N U M B E R 1-4

January - December 2012

Abstracts available in:
Japanese


 

 VOLU-D-11-00160

本論文では、スペイン・アンダルシアの移民協会内外部におけるガバナンスに関する研究計画の調査結果を提示するが、3つの構成に分けて説明する。まず、論文の第一部では超国家の背景となるイニシアチブ、連帯感と利他主義の感覚を持つイニシアチブステミング、ホスト社会に統合されて共存する必要性があるイニシアチブを含む、移民協会形成のためのイニシアチブの背後にある社会文化的な動機を記述して分析する。論文の第二部では、このような協会が計画する活動、資金、戦略的経営の実践タイプに焦点を合わせる。 第三部では、論点、相互の協会関係、住民参加型の二次元的な特別な言及に関連して、協会アンダルシアの第三セクターと連携する方法を考察する。調査結果では、移民協会の責任、制度上のサポート、ネットワークの必要性を説明する。また、方針とプログラム・デザインに市民社会を含むメカニズムとして、良い管理実践および参加型のガバナンスのように、一般に結合しやすいガバナンスの概念に連結したポイントについて提示する。

 

 

VOLU-D-11-00055R2

今世紀の初頭以降、ほとんどの南米諸国では社会における位置付けを変えており、市場における自己規制の特性を批判して、社会問題を干渉している。このアプローチは社会政策分野における「第三世代」モデルへと向かう変遷を支持しており、社会連携経済における関連的な役割を確保している。ここ数年間で多くの公共政策は、社会、失業、貧困が発生する主要な問題を指摘する目的で、社会連携経済を構築してきた。本論文では、南米諸国における社会連携経済を促進して、社会参加と雇用を機能アップすることを目指す国家プログラムの主要な規定の特徴と状況を分析する。特に本論文では、過去10年間におけるアルゼンチン、ブラジル、エクアドル、ウルグアイ、ベネズエラの全国レベルで提示される最も説明に役立つ社会計画を分析する。

 

 

VOLU-D-11-00148R1

 

 

2010年のイギリスの政治的リーダーシップの変化は多くの第3セクター団体の財政的な不確実さと不安定さを生み出した。変動する財政事情においては、政府基金への過剰な依存が危険な戦略であるため、多様性を持ち、代替となる収入源を捜す必要があることは明らかである。本論文では、イギリスのプレミアリーグとフットボールリーグクラブに関連するコミュニティ・スポーツの受託での財政的な持続性における政変への影響を考察する。財務表の分析から収入源を調査して、財政援助の収入が比較的少ない時に、平均的なコミュニティ・スポーツ受託は交付金基金から収入においてかなりの割合を受けることが明らかになった。さらに本論文では、コミュニティ・スポーツの受託が営利団体に関連する企業の社会的責任(CSR)をテーマに提示する社会的なパートナーシップを発展させることで、収入の流れを多様化させる可能性について議論する。企業のスポンサーは、財政の安定を可能にする追加融資の支給を含む利益を提供することができるが、主要な問題として再構築する必要性と長期のパートナーシップの展開があるか否かに関係なく、力のバランスと組織の柔軟性が含まれていることを説明する。本論文での調査では、特定のタイプの慈善事業に焦点を合わせたが、慈善事業におけるセクターのためのCSRパートナーシップでの財源の重要性を考慮すると、結果として他の慈善団体にとってはより広い意味を持つ可能性があるといえる。

 

 

VOLU-D-10-00050R1

 

本論文では、ボランティア活動に関する心理社会的動機、認識的動機、経済的動機に焦点を当てた文献に基づいて、関係者24名が関わる地域密着型の廃棄物処理イニシアチブにおける自発的参加型の現象学研究を提示する。知的意味と不可欠な構造を明らかにする現象論の特徴に従って、12件の個別の半構造化インタビューと2つのフォーカス・グループ議論からデータを収集した。一般的な知的意味の構成単位を特定することによって、ボランティア活動の動機、機能、意図を超えたボランティア経験の礎となる本質と構造を理解して、ボランティア自身とボランティアが従事するコミュニティでのボランティア活動において意図しない効果の実態を生み出されたといえる。そのような変化がみられる個人、社会的な政府機関、社会的な変化、固有の問題に関連するようなボランティア活動に隠された特徴を理解する手段を用いて、データを批判的に検討する。分析から、低所得および中所得の事情を抱えるボランティアの活動における主体の本質を分析するためには、詳細でより広範な研究が価値があることがわかった。

 

 

VOLU-D-11-00046R2

 

企業と非営利団体の相互関係がますます多様化している。しかしながら、どの非営利団体がその関係を構築しているか、非営利団体が企業との関係においてどの程度繋がりを持ち、どのようなタイプに依存しているかという疑問がある。企業と非営利団体との連携および企業の寄付に焦点を合わせて、社会学の制度尊重主義に基づく議論と資源依存理論を検証する。給与所得を当てにしている非営利団体、経営学の学位を持つ個人が率いる非営利団体、合理化された非営利団体のすべてが、制度上の理論に沿って企業との提携を報告する傾向にあることがわかった。企業と非営利団体の寄付による結びつきに関して、合理化された非営利団体は企業による慈善のための寄付を受ける傾向があるといえる。しかしながら、給与所得がある非営利団体は企業の寄付を受けない傾向にあり、様々な寄付から明らかな効果がみられるといえる。これらの結果により重要性は示されたが、逆説的な制度上の自然依存効果が明らかになる。異なる調査結果には議論の余地があるため、さらなる研究のための議論を行いたい。

 

 

 

VOLU-D-11-00093R1

 

今日、市民社会団体のアイデンティティと地位にはいくつかの内外問題が存在する。組織によっては、州と綿密な連携を取るようにさせるか強制される場合がある。あるいは市場志向に近づけさせる場合もある。そこでスウェーデンの研究協会では、このような闘争において組織が合法性を獲得するためにどのように試みているかを考察する。組織の伝統は重要な側面を持つため効率的である。これらの2つの局面は互いに補足し合うが衝突する場合もある。本論文では、市民社会のアイデンティティと衝突がある場合、市場論理の流入と職業化の傾向に対して市民社会団体がどのように対処しているかを提示する。調査結果から異なる同型の過程での活動が示された。様々な推論的な戦略とカップリングの出現を通じて、文化財は闘争神話の際に用いられるといえる。

 

VOLU-D-11-001171R1

イギリスの慈善事業は新世紀の最初10年の中間年に急成長した。本研究で調査する論点は、慈善事業が2008年から2009年の景気後退前に財政状態を強化する機会があったかどうかということである。タックマンとチャンの財政的な脆弱性の基準となる実証的なロバスト性評価を行い、慈善事業のための財政的な暴露指標(CFEI)を構成するベースとして用いる。インデックスのヴァリアント型は、2002年から2007年の文化、スポーツ、レクレーションセクターにおける300以上のイギリスでの大慈善事業のパネルに適用されている。調査結果から、2002年よりも2008年の慈善事業の方が財政的基盤が強固であったため、いわゆる「貸し渋り不況」の開始に直面する際に用意周到であったといえる。

VOLU-D-11-000137R1

 

ボランティアの文献では、動機、個人の性格、ボランティアの社会人口的な特性に様々な見解が明らかになっているが、研究者はボランティアに影響する誘因と組織的な背景にはほとんど焦点を当てていない。本論ではボランティアに総合的に影響する組織的な要素を明らかにして、ボランティアのコーディネートについて議論することを目的とする。文献による系統的な研究から、ボランティアのコーディネートに関する386件の刊行物が明らかとなっている。要約は開示されており選択コードを通じて分析されている。コード化は3個の主なクラスタの識別から成るが、本文献では以下の命題から構成されている。ボランティア管理(クラスタ1)の実践と手段、社会過程の中で軽減されたより強力なボランティアに対する組織的な態度と組織に組み込まれた価値(クラスタ2)はボランティアに影響する重大な要素であると主張できる。またボランティアとボランティアコーディネート(クラスタ3)の動作スペースを制限する構造上の特色を取扱い検討する。現在のボランティア研究における現在の限界について議論することによって、今後の研究プロジェクトに提示して結論づける。したがって本論は、異なる介入論理と、これらのデータを分析の枠組みに統合することによって、異なる規律と研究伝統を持つ組織的な背景についての情報を慎重に統合して、ボランティアコーディネートと理論に全体論的な視点を提示する。

 

VOLU-D-11-00019R1

 

非営利団体は目標達成を支援するためにソーシャルメディアを用いて有効性を増加させる可能性がある。しかしながら、セクターは単にソーシャルメディアの可能性を意識させるようになるだけであり、利用されている他のセクターに後れを取っている。非営利団体以外にも意味を持つ実地研究を通して、非営利団体の能力を向上させるニュージーランドのイニシアチブを報告する。資源動員理論を用いて、ソーシャルメディアを利用する要件について説明する資源動員のつながりと障害の概念を紹介する。非営利団他による調査と2つの徹底的なケーススタディから、ソーシャルメディアにおける極めて制限された親密性と活用が明らかになった。関係者は、ソーシャルメディアを用いて組織の目標を達成する可能性に熱心に取り組んだが、強い願望を果たすために具体的な方法を実施しようと努力した。財源不足は調査とケーススタディ研究の両方で特定された主要な障害となる。

 

 

VOLU-D-11-00071R2

説明責任は社会科学においては深く研究された研究課題であり、複雑さ、前後関係の依存性、曖昧さが知られている。本論文では、非営利部門、公的部門、民間部門の包括的な文献の批評と分析を行い、多くの説明責任の枠組みにおける現在の曖昧さの原因を特定する。また手段的かつ解釈的な要素を結合する構成概念としての説明責任を理解する傾向について説明して、合法性と説明責任との関係を考察する。複雑な多利害関係者の環境における説明責任の定義と実施を促進するために、全体論的な説明責任の枠組みを発達させる。そして社会の過程における審議のための対話を通して、一般的に遭遇する曖昧な説明責任の目標の実施手段を提供する。結果として、アプローチの限界と今後の研究が必要であるといえる。

 

Volu-D-11-00107R1

 

非営利団体のスポーツクラブは、メンバーの新会員募集と維持、ボランティア、コーチ、クラブの経営状況に関する組織的な問題を経験している。本研究の目的は、異なるタイプの組織的な問題の重要性に関する組織的リソースの効果を調査することである。組織的な能力の概念に基づいた理論上の枠組みは、人的資源、財源、インフラリソース、文化財への影響を説明する際に提示される。実証的な評価は、ドイツにおける非営利団体のスポーツクラブでの全国的なオンライン調査(n=19,345)からデータを使用することとする。回帰結果は、人的資源(取締役会の女性、二次的ボランティア)、財源(ハーフィンダール指数)、インフラリソース(施設の所有、公共施設)、文化的資源(例えば、戦略の方針、構成方針、陽気度、スポーツの多様性)が組織的な問題の重要な決定因であることを示している。本研究の調査結果から、自発的のスポーツ組織の経営には意味があることがわかった。

 

VOLU-D-11-00130R1

 

本論文では、多年で多面的な局面にある国際的な数量調整における調査結果を踏まえて、カナダ、合衆国、イギリスの非営利的なボランティア団体での取締役のリーダーシップへの影響に対する理解について考察する。特に本研究では、4つの仮説と仮定したモデルから検証するが、先の根拠となる理論研究調査の結果をリーダーシップの文献(以下のハリソンとマレー参照)を用いて事後調査する際に、明らかとなる取締役のリーダーシップの有効性を考察する。本研究ではこの局面から目的を決定するため、a) 理論上の見解に実証的なサポートがあるかどうか、b) 委員会において数名の取締役が他の役割においても影響力を持つかを検証する。結果として、取締役のリーダーシップの有効性は、1つ以上のリーダーシップ理論で説明される多次元の理論仮構物として、最も理解されているといえる。本論文では調査結果とさらなる調査のための方向性を議論して結論付ける。

 

 

VOLU_D_11_00141R1

 

今日の非営利団体は強くアピールしているが、ボランティアを無報酬の労働に惹きつけて維持することは往々にして困難である。この点でボランティアの動機とその効果を研究するのは有益であるといえる。本論文では、自己決定理論に基づいて、ボランティアの動機と自己申告による労働に対する努力の関係について調査する。結果としてボランティアの自発的な動機と労働に対する努力における積極的なつながりが明らかとなった。さらに、この関係はボランティアを行う組織の如何に関わらず、サンプルにおいては各人の中で成立するといえる。今後の調査として、この調査結果における実際の効果について議論する。

 

 

VOLU-D-11-00160

本論文では、スペイン・アンダルシアの移民協会内外部におけるガバナンスに関する研究計画の調査結果を提示するが、3つの構成に分けて説明する。まず、論文の第一部では超国家の背景となるイニシアチブ、連帯感と利他主義の感覚を持つイニシアチブステミング、ホスト社会に統合されて共存する必要性があるイニシアチブを含む、移民協会形成のためのイニシアチブの背後にある社会文化的な動機を記述して分析する。論文の第二部では、このような協会が計画する活動、資金、戦略的経営の実践タイプに焦点を合わせる。 第三部では、論点、相互の協会関係、住民参加型の二次元的な特別な言及に関連して、協会アンダルシアの第三セクターと連携する方法を考察する。調査結果では、移民協会の責任、制度上のサポート、ネットワークの必要性を説明する。また、方針とプログラム・デザインに市民社会を含むメカニズムとして、良い管理実践および参加型のガバナンスのように、一般に結合しやすいガバナンスの概念に連結したポイントについて提示する。

 

VOLU-D-11-00055R2

今世紀の初頭以降、ほとんどの南米諸国では社会における位置付けを変えており、市場における自己規制の特性を批判して、社会問題を干渉している。このアプローチは社会政策分野における「第三世代」モデルへと向かう変遷を支持しており、社会連携経済における関連的な役割を確保している。ここ数年間で多くの公共政策は、社会、失業、貧困が発生する主要な問題を指摘する目的で、社会連携経済を構築してきた。本論文では、南米諸国における社会連携経済を促進して、社会参加と雇用を機能アップすることを目指す国家プログラムの主要な規定の特徴と状況を分析する。特に本論文では、過去10年間におけるアルゼンチン、ブラジル、エクアドル、ウルグアイ、ベネズエラの全国レベルで提示される最も説明に役立つ社会計画を分析する。

VOLU-D-11-00126R2

 

ボランティア団体の組織的な特徴とボランティアの経験への効果的な試みは、従来からあまり注目されてこなかった。本論文の目的は、仕事で得られる満足感、組織的な公約、意向の引き継ぎにおいて、社会的なタスクサポート、情報、見解などの異なる特徴が、どのようにボランティアの経験に影響を与えるかを調査することである。さらに、上記の関係と関連してボランティアの動機に影響を与える可能性を検証した。自己報告のアンケートを用いて、イタリアのボランティア団体のうち162団体(最終的なサンプルは1445名のボランティア)を調査した。構造方程式モデリング(SEM)とモデル化されたSEMから、仮想団体と潜在的な加減について検証したが、仕事のリソースは3つの結果に関連することがわかった。また、価値/理解、キャリアの動機によって多くの加減効果が明らかになった。結果として、現在の資料に基づいて判断すると、ボランティア団体の管理、新人募集、選択に関する実用的な提案があるといえる。

 

VOLU-D-12-00008R1

組織の外部評価は過去数十年間で増加しており、消費者の言動だけでなく組織についての評価にも影響を与えている。この現象は、大学と法学部の評価についてU.S. NewsUSニュース)とWorld Reports(ワールド・レポート)でも広く研究されていることからもわかる。本論文は、非営利団体がIRS(内部収益サービス)のフォーム990に提供する財政データを用いて、第三者の評価がどのように非営利団体の言動に影響を与えるかを理解する。結果として事実上、そのような評価においては、非営利団体がどのようにIRSフォーム990の財務情報を報告することに影響を与えているかを提示する。

 

VOLU-D-11-000129R1

 

米国の大学は、活発な共同体における社会福祉に十分貢献していないことが批判されてきた。そしてビジネス・スクールは、ビジネスのキャリアにおいて学生に適切に提示してこなかったために批判を受けてきた。批判はますますサービス学習に集中しているが、この学習では、地域と国際社会が直面する機会と問題を含む「実生活」の状況を理論上の知識に応用させており、学生を支援する経験に基づいた学習を展開している。サービス学習は米国内のビジネス・スクールではかなり知られるようになっており、相対的に少ないが、適用に焦点を当てた文献も存在する。従って本論文は、市場調査コースにおけるサービス学習プロジェクトと、このプロジェクトがどのように大学が都市における公約を支持するかについて説明する。また目標、目的、地方と国家の認証機関において一般的に必要とされる評価同様に、コースの明確な目標も提示

 

VOLU-D-12-00016R1

非営利団体による収益管理は、学術的文献ではあまり研究されていない。本論文では、既存文献の概要を提示して、収益を操作する非営利団体の傾向に関して多くの仮説を導く。

ベルギーの非営利団体における844件の財務表(2007)のサンプルでは、ゼロに達するまでの収益会計の操作が明示されている。さらに理事会、管理側と政府機関の間には潜在的に衝突があり、負債の場合同様に会計操作を誘導している。つまり、より大きい組織ではゼロにより近い会計へと収益を操作する傾向があるといえる。

VOLU-D-12-00010R1

 

本論文では、公共の第3セクター関係に影響する最新の方針を分析するために信用の概念を用いる。そして関係を持つ様式を形成して、競争、「指揮統制」メカニズム、共同体の動きを調査する。2つのイギリスの都心地域のおける実証的研究の事例を取り上げて、優位な組織文化と秩序に及ぼす力とコントロールが、セクターにおける独立のアプローチ、革新性、組織学習を弱体化している状況を調査する。国の機関はサービス提供と失敗のリスクへの責任を他に移行しながらも前提となる活動を信用している。しかしながら増大する市場文化と規則はクロスセクターの信用を損ない、分析的な関心とリスクを嫌う活動を促進して、Big Society(ビッグ・ソサエティ)における課題で推測される地方自治体、革新、共同体の活動を制限していることを主張する。地域密着型のプロバイダーとの今後の共同を確立するために、対策が必要な問題を特定して結論を下す。この中には、プロセスの焦点と代替手段を可能にする関係空間が含まれている。

 

 

VOLU-D-11-00044R1

本論文ではわずか8年で活動を停止した人権NGOを調査する。自発的に計画運営したにもかかわらず停止したこのようなケースは、新形態の時間枠を設定した組織であるが、スタッフ、メンバー、設立者、主要な外部の利害関係者のインタビューを用いて、非営利団体のリーダー、時間の枠組み、戦略アプローチ、段階的縮小の過程を分析する。このケースの教訓を利用して、本論文では時間の枠組みにおける構造組織における利益と問題点を特定化する。また環境脅威に直面したり合弁などの構造変化を考える場合、非営利団体におけるリーダーの交代を含む様々なボランティア団体をこの事例から学んで構造を考察することができる。

 

VOLU-D-11-00094R2

社会的もしくは社会の企業家精神への関心は過去10年間で急速に高まっている。しかし、この分野はまだ新規で分断されているため、葛藤と欠点もある。企業家精神研究に基づく理論は、機会を認識して調査して活用する企業の能力を向上させる傾向がある。その他の研究では代わりに社会的な企業が社会での必要性に応じているといえる。しかしながらこの一連の研究ではいずれも手広い分析と必要性を問題化していない。さらに本論文における議論では、社会的な企業家精神の理解を提示するために、必要であるとみなされた第3の概念に関連する。本論文における分析は4つの社会的な企業家精神のケースに基づいているといえる。

 

 

VOLU-D-12-00026R1

本論文は中央・東ヨーロッパ(CEE)の6ケ国、すなわちチェコ共和国、エストニア、ハンガリー、ラトビア、リトアニア、ポーランドの市民社会における最近の動向の比較分析を提示する。市民社会団体(CSO)のレベルに焦点を合わせて、まず社会的な主体と都市のセクター自体の中での協力としての役割の変化について議論する。第二に都市の公共部門のパートナーシップの強化における過程、第三にこれらの国々における都市のイニシアチブが直面する最近の局面について調査する。地域における市民社会の開発でのパターンの多様性を強調して、「脆弱な」論文の再査定について議論する。

 

VOLU-D-12-00005R1

海外留学はグローバルな都市の公約に対する教育の重要な要素として一般的に言及されるが、様々なプログラムの特徴については明らかにされていない。本研究では海外留学プログラム(目的地、タイプ、持続時間)における3つの局面と国際的な開発組織でのその後のボランティア活動の関係を調査する。調査回答は1995年と2005年の間に留学した2,250人の大学の同窓生(内訳は女性が71パーセント、少数民族が14パーセント、年齢27)から分析した。ロジスティクスにおける軽減の結果から、発展途上国における留学、国際的なサービス学習は開発ボランティア活動の可能性に関連することが明らかになった。また、プログラムの目的地とタイプの効果を持続時間から加減せずに、海外で過ごした数カ月間の開発ボランティア活動を予測した。相互作用テストは、プログラム効果が性別によって左右されないことを示している。調査結果から、関係者が活発な海外留学プログラムの性質の相違がグローバルな市民社会に活発に活動する参加者の活動に影響を及ぼすといえる。


VOLU-D-11-00081R1

 

本論では、社会的なベンチャー投資家がどのように社会企業家の保全を評価するかについて分析する。社会的なベンチャー投資家40名と学生40名の実験において、企業家の5つの特性がどのように保全の査定に貢献するかを調査する。特性とは、企業家の個人的な経験、職歴、自発的責任への努力、起業家に認められた評価と賞・特別研究員の地位である。保全を判断する際に、社会的なベンチャー投資家が主に企業家の自発的責任への努力と企業家の評価に焦点を合わせていることが結果から分かった。保全に対する総合的な積極的判断では、企業家の自発的責任への努力または評価が高ければ十分であるといえる。学生と社会的なベンチャー投資家との比較から、経験において主要な特性に焦点を合わせるよりも簡単な決定モデルが導かれることが示された。


VOLU-D-10-0089R1

 

本論では1998年から2009年の間、つまり京都議定書から2009年のコペンハーゲン会議までの期間におけるヨーロッパとユーラシアの移行経済諸国26ケ国による京都議定書の批准について調査する。 従変数は、国が年間に京都議定書を批准しているかどうかを測定する。変動金利は国内の非政府組織(NGO)の強みである。またNGOセクターの初期段階を説明して、「ストック」変数および「フロー」変数としてのNGOの強みを測定する。そしてイベントヒストリー分析を用いて、条約批准の国内および国外のドライバーのために制御する間に、NGOの強みのストックを調査する。すべての時間における異なる独立変数は1年遅れている。分析から、国内NGOの強みであるストックは批准のタイミングに重要な予測となることが明らかになった。さらにEU加入への圧力、隣接国および国内の経済循環における批准レベルは条約の批准のタイミングに影響を与えるといえる。


VOLU-D-11-00095R1

本研究では2つのボランティアのサンプルにおける連結性(四次元の連結性のスケール、4DCS)を測定して、新しい自己報告の計器として精神測定の特性を調査する。双方の研究における確認分析結果より、4DCS(他の労働者、受取人、タスク、値)で提案された4要素の構造が立証された。さらに確認要素分析から、連結性、責任、委任が別々の構造、つまりデータに最も当てはまる連結性の要素、責任の要素、委任の要素の3要素モデルであることが示された。さらに階層的な重回帰分析から、連結性と委任はそれぞれ任務で得られる満足感と継続性の意図においてユニークな変化を共有したことが明らかになった。結果として、委任と責任に比例して連結性の要因、識別性、予測的な妥当性が確認できた。4DCSには許容できる精神測定の特性があり、ボランティアの幸福を研究する計器として使用できることを結論づける。

  

VOLU-D-10-00105R1

 

本論では集合的な個人的慈善活動を行う非営利団体に対する政府の総支払額の効果について調査する。効果に関する4つの仮説を説明するために、個人的慈善活動の付与における4つの行動モデルを提案する。その効果とは、利益なしの効果(無効の仮説)(プラス効果)のクラウディングイン、(マイナス効果)のクラウディングアウト、「慈善活動の逃避」もしくは(異なるサブセクターを超えたマイナス効果)の置き換えである。非営利セクターの規模と財政を記録することを目的としたより大きな研究計画の一環として、40ケ国で集約した論証に対して仮説を立てて検証した。貸付対照表のデータから、仮説にあるクラウディングインに提示されているように、NPIに対する政府の支払いは非営利団体への集合的な慈善活動の寄付にはプラス効果があるが、分野レベル分析から、NPIの「サービス」に対する政府の支払いでは、「サービス」から「表現」の活動までにおける「慈善活動の逃避」もしくは置き換えの論証が明らかとなった。データ制限のため、これらの結果はその発生よりむしろ仮定された効果に対する実証的な妥当性を示している。調査結果は、非営利団体への政府基金と慈善活動の寄付との関係の複雑さを示しているが、主体(寄贈者と受取人)の目的に依存して、取引コストを調停する制度的背景が非営利団体の支援を生み出しているといえる。


VOLU-D-10-00064R2

最近の研究から、カザフスタンと他の中央アジア諸国における欧米型のプロの非政府組織(NGO)が脆弱であり、維持が不可能であることが明らかになった。NGOの大部分は、資金を提供する外国人の援助資金供与者に強く依存して展開されており、サポートのための企業内情報通信網を発展させてこなかったことがわかった。本研究では、カザフスタンにおけるNGOの有効性の欠如を理解して、NGOに対する人々の感情を検証する。地元の外国人で社会科学の専門家と有名人とのインタビューからカザフスタンにおけるNGOが脆弱で維持が不可能であることが確認できる。組織の非効率性には、地元の伝統、知名度の低いNGO、非支援的な政府がある。一般住民に対する調査では、カザフスタンの人々はNGOに関してほとんど知らず、またその有用性を評価していない。これは市民社会組織が文化的にミスマッチで現地の人々と連携を取ることができないことを表している。ホーフステードによる国家の文化モデル(1984)を用いることによって、著しい不協和音にはカザフスタンにおけるNGOの課題を作成した援助国の文化が地元の文化と共にあることを主張する。

 

 

VOLU-D-11-00082R1

 

ピアツーピア(P2P)マイクロファイナンスは、偽善的な貢献という新しい方法を提供して、慈善的な市民を開発途上国における貧しい企業家に結び付ける。文献では、援助資金供与者の有効的な認知が偽善活動の提供を決定づけるが、個人がどのようなプロジェクトを最も効果的であると認識しているかについてはほとんど知られていない。本論ではKiva.org(キヴァ)のデータを用いて、競合する開発計画に相対的に人気の高い論拠を提示する。資金調達の速度において公的に可視できるプロジェクトの特性が与える影響を予測して提示する。キヴァの金融業者が貧困救済に動機づけられていると仮定すると、結果として個々の慈善家がプロジェクトの有効性を認知していることが解明できる。これを知るとそれほど人気がないプロジェクトにおいても、実践者がより効果的に資金集めをする戦略策定に役立つといえる。

 

VOLU-D-11-00062R1

資金調達基準審議会はイギリスの資金調達の自主規制に関する団体である。この団体の会員の要件としては、前年度の資金調達における苦情を列挙して年鑑純益に達する慈善プロジェクトを実施する必要がある。苦情をもたらす各種メディアの要請の割合を強調して、このデータ分析を行う。顧客および援助資金供与者の満足度を高めて、その後の行動を決定するような苦情の役割について調査しながら、より広い文献の文脈で結論を見出すものとする。

VOLU-D-11-00049R1

情報と知識は、貧困に対する闘争には不可欠なリソースとして再出現しており、貧困者、政府機関に対する協力に権限を与える新しい機会として捉えられている。楽観的傾向は強まっているが、局地的な開発事情には、この変化における実際の効果を示す経験的証拠はほとんど存在していない。本論は、北部インドのウットラカーランド州の非政府組織(NGO)の役割を調査することによって、この欠陥の打開に寄与する。また本論では、NGOがセクターの中で貧困と自分たちの役割を理解する方法を、開発商品としての情報と知識を促進することによってどのように変えてきたかを調査する。NGOを「情報の行商人」として比喩することは、多くの場合NGOが実施する開発事業のみであるが、主要な一般民衆に関する情報の認識、増感、集合における現実の強調として注目される。この比喩は、内在的で意図的な開発におけるNGOの役割を査定する分析デバイスとなる。

 

VOLU-D-11-00053R1

 

現代の民主的社会における組織の重要性は問題とならない。それでも、企業や政府機関と異なる特定の単一組織のタイプとしてみなす新しいアプローチの必要性がある。またその業績も評価する必要がある。本論文では、ケーススタディと様々な理論上の洞察に基づいて、環境との結合、意志決定、関係する組織の実績の効果を査定するための評価基準を提示する。

 

VOLU-D-11-00048R1

宗教的倫理に基づいた団体(FBO)は長い間、国際的な発展の中で役割を果たしてきたが、次第に環境維持のイニシアチブに関わるようになってきた。これまでこの団体は貢献をしてきたにもかかわらず、近年まで研究機関と世俗的な政府機関によって、多くの場合無視されてきた。本論文では、FBOの認識の高まりに加えて、ケニアでの文書審査、質的なアンケート、参与観察から、環境と開発業務におけるFBOの活躍とアイデンティティについて調査する。様々なアイデンティティを持ち、広範囲にわたる活動を行うFBOの様々な団体では、宗教的倫理に基づいた環境と開発における業務の長所と問題点が明らかになった。特に注目すべきなのは、重要な役割を持つ教会と宗教的倫理に基づいた政府機関が、根付いた共同体、生産を助ける社会資本、人々から受ける敬意によって、グローバル・サウス(南半球の発展途上国)の国々における持続可能な総合的な変化に対して役割を果たすことができるといえる。

 

VOLU-D-1100097R1

 

教会がオランダの社会資本において未だに重要な源であるという事実にもかかわらず、オランダ社会で進行している脱宗教化は、非宗教的なボランティアの減少をもたらしているとはいえない。この見かけ上のパラドックスを説明するために、パネルデータは、非宗教的なボランティアが部分的に、今日のボランティアで享受した若者の宗教の社会主義化の余波であるという仮説をテストするのに使用されている。このため以下の調査質問に取り組む。青年期にクリスチャンの家族では宗教の社会主義化は、個々および集合的な宗教的な特性の如何にかかわらず、どの程度後の人生における非宗教的なボランティア活動を決定づけるかというものである。結果から、集合的な宗教特性、すなわち教団と宗教に活動的であることは、この点において最も重要な決定因であることがわかる。しかしながらこれらの集合的な局面の効果は別にして、非宗教的なボランティアによる宗教の社会主義化における単独効果が明らかになった。特にそれほど厳格でない宗教の社会主義化は、非宗教的な大人のボランティアに影響力を持つことがわかった。

 

 

VOLU-D-11-00073R1

 

慈善活動における資金調達に関する規制は、資金調達の規制だけでなく良き統治であるといえる。これはさらに自主規制と州の規制を混合する共同の規制制度に関与している。カナダの慈善活動部門は、資金調達を含む総合的な認証システムを作成するという大胆な実験に着手しているが、そのシステムでは知識があるドナーから実践的な慈善事業までの規制目標を見直して、自己改善のために実践共同体を構築する意欲的な目標を持つことができる。同時に連邦政府は、資金調達における収入比の認証費用について概説するだけではなく、良き統治の基準を特定する新しいガイダンスを導入している。この新しい自主規制と州の規則が二重構造として残るか、もしくは政府がセクターの認証をリスク管理と統合するハイブリッド共同規定の政権に発展するかについては議論の余地がある。

 

 

VOLU-D-11-00057R1

 

本研究では2009年度のアメリカ国民生活時間調査報告書のデータを用いて、教育、賃金労働、国内労働、宗教などの主要な人生のドメインで費やされる時間が、公式・非公式のボランティアを行う際の個人の決定と関連するかを調査する。ボランティアの行動に関する先行研究と一致して、本研究ではマーケット・ワークと国内労働で費やされる時間が、方法は異なるにしても、公式・非公式のボランティアと非常にマイナスの関連性を持つことがわかった。その一方で、教育活動および宗教活動に費やされる時間は非公式のボランティアではなく、公式のボランティアのみと非常にプラスの関連性を持つことがわかった。さらに研究より、2つのボランティアの形式は代理ではなく補足であることが明らかである。公式・非公式のボランティアの決定における文献を統合する本研究と他の関連結果について議論する。

 

 

VOLU-D-11-00069R1

 

アメリカでは20世紀後半に慈善寄付依頼する環境に大きな変化が現れた                州政府は、1954年のニューヨーク州およびマサチューセッツ州法で可決された法案および現在施行されている40もの類似する法律を含めて、慈善活動の公的支援を要請する法律支配的な役割を担ってきた。州の監督庁、自発的な管理、権利擁護団体、会計基準設定審議会、国税庁のデータ収集活動はすべて、非営利的なサポートを求める過程のための規則の促進に影響を及ぼしたといえる。本論文では、資金調達分野におけるイノベーションの効果を要約して、現在の規定環境を構成する官民の関係者の相互作用を調査する。

 

VOLU-D-11-00051R1

本論では、非政府組織(NGO)が恩顧主義のように一般的に政党に関連する属性に影響を受けないかについて議論する。本論ではNGOとアルゼンチンの準都市における政党のケーススタディを通して言及するが、これらの2つの連合のネットワーク、地方政党のネットワークを持つ連合に相違があるにもかかわらず、NGOと同じような構造と戦術を有する政党のような状況を表す依存性、排他性、父権主義といった類似した社会的な結果を生み出すといえる。学者、メディア、開業医が実践するNGOに対する肯定的な視点とは逆に、投資関係者はNGOを導き、目標に近づくために外部の資金源の獲得に常に焦点を当ててきた。当然ながら、政党は政治的に方向付けられた関心と票獲得の重視に影響を及ばしてきた。しかしながら、これらの外観上異なるようにみえる連合は、実は同じような目的を持つ。すなわち構造が異なっていても、サポート源を得るための絶え間ない努力があれば、強力な構造がどのように脆弱な共同体を支配することができるかを示している。

 

VOLU-D-11-00056R1

 

賃金労働者と比較したボランティア研究はわずかである。本研究の目的は、ジョブ・デマンド-リソース(JD-R)モデルの動機づけの過程において雇用の確約と連結性を同時に仲介する役割を調査することである。構造方程式モデリングの技法を用いて、471人のボランティア関係者から調査データを回収して分析した。期待とは裏腹に、調査結果からは (1)ジョブ・リソースとボランティアの満足度、(2)ジョブ・リソースを継続する決定、(3)ジョブ・リソースと健康との関係を仲介する関わりは見られなかった。しかしながら調査結果では、(4)ジョブ・リソースと満足度、(5)ジョブ・リソースを継続する決定、(6)ジョブ・リソースと健康との関係を仲介する連結性が示された。これらの調査結果は、ボランティアの福祉と健康管理機構の維持を理解するために、JD-R理論における動機づけの過程をサポートするが、仲介者が連結性を持つ理論の展開を提案する。

 

VOLU-D-09-00043R2

本研究では、変革型リーダーシップがNGOの有効性を促進する組織文化に影響を及ぼすかを調査する。また、変革型リーダーシップのトップが直接NGOの有効性に影響を及ぼすかも検討する。さらに、NGOの有効性が村人の健康、収入、教育、幸福に関するプログラム結果を改善するかを検証する。データはインドのジャールカンドのNGO312団体から集積した。変革型リーダーシップ、組織文化、NGOの有効性については、NGOの人員が標準の手法を用いて査定した。また健康、収入、教育、幸福に対するプログラム結果は、村人が木製の立方体を用いて評価した。調査結果から、変革型リーダーシップがNGOの有効性を促進する組織文化を構築することが明らかになった。変革型リーダーシップは直接NGOの有効性に影響を及ぼさないが、組織文化を助成するNGOの有効性を高めるといえる。その上、NGOが実施した受益者のより良い健康、収入、教育、幸福に関するプログラム結果からNGOの有効性は改善されることがわかった。

 

VOLU-D-11-00038R1

本論文では、貧困で脆弱な人口事情を改善する中国の市民社会において、イニシアチブの地域サポートを強化するために、どのように国際的資源が用いられるのかを調査する。金融資産へのアクセスの向上、リーダーと組織の能力の構築、セクターの分裂の抑止、公共の合法性の構築、交差しているセクター関係の改善など、国際的資源が他国における市民社会を強化する方法を特定する。制度上の規制には特に問題が多いことを論じて、中国で市民社会が直面している特性と特殊事情を検証する。中国での規制を念頭に置きながら、どのように特定されたそれぞれの問題領域に国際的資源が適用されるかを研究する。最終的に本論では、中国での市民社会活動に地域サポートを組み込むために、国際的なドナーを導く5つの原則について明らかにする。

 

 

VOLU-D-11-00067R1

ボランティア活動を含む非市場経済は、金銭の流動がないため、地下経済の概算ではほとんど考慮されていない。ボランティアは狭義では、活動で支払いを受けないため、法的な枠組みにおいては実費の負担を還付する傾向があることを指摘する。しかしながら、後者が規則と労働法の範囲を超えて還付を受けるならば、課税申告していない労働だと見なすことができる。本論では、ベルギーのフランダースにあるNPO法人のアスレチック・クラブにおけるこのタイプの課税申告していない労働の規模と動機を調査する。この種類の非公式の労働は判断するのが本質的に難しいため、混合法アプローチを使用する。結果として、申告していない労働者は少なくとも10%がボランティアだとみなされることがわかった。税金と社会保険の負担重荷は、課税申告していない労働が主因であるとみなされる。スポーツでは、有償ボランティアのための新しい就業構造は質的にスポーツサービスの支給を保証する上で必要なことを論じる。

 

キーワード:混合法、課税申告していない労働、NPO法人のスポーツクラブ、スポーツマネジメント、スポーツの方針、ボランティア

 

VOLU-D-11-00042R1

社会において非営利団体(NGO)が透明性を持つことの必要性が高まっている。これは社会的かつ経済的な影響、国際的なNGOの経営者の詐欺的事件によるためである。この点でNGOは改善を行い、豊富な情報を提供することが不可欠である。インターネットはそのような普及戦略のためのコミュニケーション・ツールであると考えられる。

 

本論文では、説明的調査に従ってホームページ情報の普及による「組織の規模」、「組織の世代」、「公的資金」、「法的な形式」、「国際化」、「委員会の規模」、「委員会の活動」の影響を特定化することを目的としている。結果から、「組織の規模」、「公的資金」、「組織の世代」のみが統計的に重要であることがわかった。

 

 

VOLU-D-10-00096R1

 

ボランティアは、社会団体に無償のサービスと貴重な時間を提供する人々として認識されている。ボランティアは、非営利的な病院では3つの不可欠の役割を果たしている。 まず最初に、患者を援助して世話する。第二に、資金調達、マーケティング、コミュニティ関係における活動で戦略的価値が生み出す。第三に、病院のコストを下げることによって、団体に財政的な利益を発生させる。本論文では2つのブラジルの非営利的な病院におけるボランティアの役割と貢献度を調査する。これらの組織の経営者は、ボランティアによる心理社会的なサービスの提供、戦略行動の成長、コスト節減、営業権の確立、資金調達を価値あるものと考えている。結論として、双方の病院のボランティアは、善良な市民としての利他的な動機と組織を結びつけ、より人間らしいサービスを提供して、双方の実績を改善して重要な貢献を果たす戦略の開発を支援する重要な関係者であるといえる。

 

VOLU-D-11-00101

国際社会では良き統治と経済開発の積極的な結びつきが特定されている。変遷する地域政策研究組織(PRO)と発展途上国では、健全な法律の制定において証拠に基づいた提言を評価して、既存プログラムの効力を評価するための有効な役割を担うことが増大している。そしてPROの生産能力造成プログラムは成長戦略の主要な要素と考えられている。ドナー社会ではそのような努力に対する支援に応じて、様々な形態を取っている。しかしながら、これらの生産能力造成と指導プログラムの有効性の評価は不十分である。そのため、本論文では2つの重要な生産能力造成プログラムの結果に焦点を合わせて、政策の領域における改善された調査能力と有効性というプログラムを提示する。再帰的な設計を使用するが、結果としてプログラムのアプローチが有望であることがわかった。

Association Management Software Powered by YourMembership.com®  ::  Legal